中古バイクの購入時のポイント

中古バイクの購入を考える場合は、新車ではないのでほとんどの場合は転倒させていると考えておいた方がいいと思います。

車の場合、転倒はほとんど無く、軽くぶつけた程度なら板金、塗装、部品交換で修理が完了する場合が多いですが、バイクの場合、転倒すれば、かなりのダメージを負ってしまいます。


中古バイクを購入する際は、先ず、遠くから全体を見て、変な歪みやフレ-ムの一部分だけ塗装が違うといった事を確認します。
フレ-ムが歪んでいると、その後多大な修理費用が発生する場合があります。バイクの場合、エンジンを常に高回転まで回して使用する事が多いので入念にチェックします。

エンジン全体を見てオイル漏れが無い事を確認します。


中古バイクですから滲み程度は問題無いと思います。

エンジンの始動に問題が無いかを確認し、アイドリングの状態を確認します。

アイドリングが安定していない場合、バルブの破損、圧縮漏れ等重大な問題が発生しているかもしれません。

エンジンの回転を上げて、引っかかりなく高回転まで回れば問題なしです。
最後に試乗して、車体が真っ直ぐに走るか、おかしな振動が無いかをチェックします。外観では、ミラー、ステップ、グリップ等は、一度でも転倒すれば傷が付いてしまいますから、重大な損傷が無ければ、購入後に自分なりにカスタマイズする時に交換しましょう。

中古バイクは安価で購入可能なのがメリットですので、購入後に余計な出費が重ならないように入念にチェックしましょう。